擬音語(ぎおんご)

Tema en 'Preguntas (質問)' iniciado por Kaminari, 5 Mar 2007.

  1. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぱちぱち
    ぱち‐ぱち
     物がはぜ、火などがはねる、小さく鋭い音。また、そのさま。「火が―と燃える」「そろばんを―はじく」
     拍手の音。
     まばたきするさま。「目を―させる」


    はやばや
    はや‐ばや【早早】
    たいそう早いさま。甚だ早く。「―とたれ冬ごもる細けぶり」(一茶)。「―と到着する」
     
  2. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    はらはら
    はら‐はら
     物と物とのふれあうさま。また、その音。源氏物語帚木「衣キヌの音なひ―として」
     髪などのまばらに垂れかかるさま。源氏物語若菜下「紅梅の御衣オンゾに御髪ミグシのかかり―と清らにて」
     花びら・木の葉・涙・露など小さくて軽いものが次々に散り落ちるさま。山家集「―と落つる涙ぞあはれなる」
     扇などを使う音。愚管抄4「紅の扇を―と使ひて」
     物の焼けてはねるさま。ぱちぱち。徒然草「焚かるる豆がらの―と鳴る音」
     危険や不安を感じてしきりに気をもむさま。浮世風呂2「手をあてて―するて
    い」。「近火に―する」


    ばらばら
    ばら‐ばら
     小石や大粒の雨など粒状のものが連続して強く打ち当る音。また、そのさま。「雹ヒヨウが―と降る」
     複数のものの存在や発現が空間的・時間的に間隔があるさま。日葡辞書「ヒトガバラバラトタツ」
     一体であるべきものが離れ離れになったり統一されていなかったりするさま。「一家が―になる」「意見が―だ」


    ぱらぱら
    ぱら‐ぱら
     小石や雨のような粒状のものや紙片などがまばらに打ち当る連続音。また、そのさま。「手帳を―とめくる」
     存在や発現が空間的・時間的に非常にまばらであるさま。「客は―だ」「枝豆に塩を―と振る」
     ほぐれてまとまらないさま。「―のご飯」
     
  3. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ばりばり
    ばり‐ばり
     薄くて固いものが砕けたり、裂けたり、はがれたりする連続音。「せんべいを―食べる」「池の氷を―と割る」
     布などの糊づけが強かったり、凍ったりしてこわばっているさま。「―したシーツ」
     勢力的に仕事に取り組むさま。「―と仕事をこなす」


    ぱりぱり
    ぱり‐ぱり
     歯切れよくものをかむ音。「たくあんを―と食べる」
     (衣服などが)まあたらしいさま。「―の背広」
     威勢のよいさま。「江戸っ子の―」
     
  4. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    はるばる
    はる‐ばる【遥遥】
     副 
    距離や時間が非常に隔たっているさま。また、物事がひどくかけはなれているさま。はろばろ。太平記24「―世隔つて」。「―海を越えて」


    はんはん
    はん‐はん【半半】
    半分ずつ。五分五分。ふたつわり。
     
  5. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぴーぴー
    ぴい‐ぴい
     鳥・虫などの鳴き声。
     笛の音。笛。
     貧乏で生活に苦しいさま。「年中―している」
     駆けだし。新米シンマイ。若造。伎、三人吉三廓初買「名高いどころかほんの―」


    びくびく
    びく‐びく
     振動するような小刻みな動きが伝わるさま。「釣竿に―と手ごたえがある」
     不安や恐怖で恐れおののいているさま。世間胸算用3「門の戸のなるたびに、女房―して」。「いつ叱られるかと―ものだ」
     響く音。浄、傾城酒呑童子「鼓も耳に―と」


    ぴくぴく
    ぴく‐ぴく
    間隔をあけて繰り返し小刻みに動くさま。ひきつるように動くさま。「目の下が―する」


    ひしひし
    ひし‐ひし【緊緊・犇犇】
     物がおされて鳴るさま。源氏物語夕顔「足音―と踏みならしつつ」
     すきまなくぴったりと寄りつくさま。古今著聞集16「互ひに―と取りくみ
    て」。平家物語4「平家の兵ども十四五騎、―と落ち重なつて」
     動作の勢いの激しいさま。宇治拾遺物語1「―とただ食ひに食ふ音のしければ」 手厳しいさま。ゆるみないさま。源平盛衰記34「―と事定まりぬ」
     鞭ムチなどで強く打つさま。ぴしぴし。日葡辞書「ヒシヒシトウタルル」
     強く身に迫って感じるさま。「有難さを―と感じる」


    びしびし
    びし‐びし【緊緊・犇犇】
     鼻汁をすすりあげる音。万葉集5「咳シワブかひ鼻―に」
     物がしなって風を切ったり打ち当ったりして発する連続音。また、そのさま。「鞭を―鳴らす」
     手加減せず容赦なく行うさま。「―取り締まる」
    ぴし‐ぴし【緊緊・犇犇】
     はげしく物を折る音。
     鞭ムチなどで強く打つ音。
     容赦なく厳しく行うさま。「―と仕込む」


    ひそひそ
    ひそ‐ひそ
    相手以外には内容が伝わらないように、ひそやかに話し続ける声。また、そのさま。「―と相談する」
     ―‐ばなし【ひそひそ話】


    ひとつびとつ
    ひとつ‐びとつ【一つ一つ】
    一つごとに。いちいち。三蔵法師伝永久点「偏ヒトツヒトツ長する所有り」


    ひとびと
    ひと‐びと【人人】
    多くの人。また、おのおのの人。各人。源氏物語帚木「鳥も鳴きぬ。―起き出でて、…御車引き出でよ、などいふなり」
     ―‐おんちゅう【人人御中】
     
  6. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ひび
    ひ‐び【日日】
    毎日。にちにち。「―の暮し」
     ―に新たなり


    びび
    び‐び【微微】
    わずかで取るに足りないさま。かすかなさま。ささやかなさま。「―たる勢力」
     
  7. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ひやひや
    ひや‐ひや【冷や冷や】
     冷たく感ずるさま。「背中が―する」
     物事を案じたり危険を感じたりして気が気でないさま。「無謀運転に―する」


    ひょうひょう
    ひょう‐ひょう【飄飄】ヘウヘウ
     風が吹く音。また、風に吹かれて翻るさま。
     足元のふらふらして定まらないさま。当てもなくさすらうさま。「―とさまよう」
     世俗にこだわらず、超然としてつかみどころのないさま。「―とした人物」
     ―‐こ【飄飄乎】
     ―‐ろうろう【飄飄踉踉】ラウラウ
     
  8. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぴよぴよ
    ぴよ‐ぴよ
    ひななどの鳴く声。


    ぴょんぴょん
    ぴょん‐ぴょん
    身軽に繰り返しとびはねるさま。


    ひりひり
    ひり‐ひり
    皮膚や粘膜が小刻みに刺されるような痛みや辛みを持続的に感ずるさま。「傷口が―する」
     
  9. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    びりびり
    びり‐びり
     布・紙などの裂ける音。また、大きく裂けているさま。「―に引き裂く」
     くだり腹の大便の出る音。びちびち。
     障子の紙など、物が小刻みにふるえ動くさま。
     急に電気などの刺激を感ずるさま。「コンセントに触れたら―と来た」


    ぴりぴり
    ぴり‐ぴり
     笛などを吹き鳴らし続ける音。
     皮膚や粘膜が小刻みにはじかれるような痛みや辛みを持続的に感ずるさま。「唐辛子で舌が―する」
     気持や雰囲気が異常に緊張して、反応しやすくなっているさま。「受験で―している」


    ひろびろ
    ひろ‐びろ【広広】
    いかにもひろいさま。はるか開けているさま。「―とした野原」
     
  10. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぴんぴん
    ぴん‐ぴん
     連続して勢いよく跳ねたり割れたり引っ張られたりする音。また、そのさま。狂、文山立「何やら墨黒に―とはねてかくは」。「弦を―はじく」
     はじくと音を立てそうに張りつめているさま。「気持が―に緊張する」
     健康で元気いっぱいのさま。新鮮で生きがいいさま。「達者で―している」
     神経を刺激されて物事を敏感に感じ取るさま。「相手の心が―伝わってくる」
     
  11. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ふかぶか
    ふか‐ぶか【深深】
    たいそう深いさま。深みのあるさま。「帽子を―とかぶる」「―と頭を下げる」


    ぶくぶく
    ぶく‐ぶく
     盛んに泡立ったり泡を出して沈んだりする音。また、そのさま。「温泉が―湧いている」
     口をすすぐ音。「お茶で―やるな」
     体がしまりなく太ったり、衣服を重ね着してふくれたりしているさま。「―と太る」「―に着ぶくれる」
    ぷく‐ぷく
     ふくれあがったさま。ぷくり。
     水中から泡が浮きあがる音。
     
  12. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ふしぶし
    ふし‐ぶし【節節】
     おりおり。その時その時。源氏物語桐壺「ゆゑある事の―には、まづまうのぼらせ給ひ」
     身体の方々の関節。「―が痛む」
     いろいろな箇所。事々。「疑わしい―をただす」
     
  13. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぶつぶつ
    ぶつ‐ぶつ
     大まかに切り分けたり、刺し貫いていくつも穴を開けたりする音。また、そのさま。「魚を―と輪切りにする」
     噴き出した細かい気泡や水泡などが破れる音。また、そのさま。「シチューが―煮立つ」
     物の表面に小さな粒状の突起やへこみがあるさま。また、その突起やへこみ。「顔に―ができる」
     口中でつぶやく不明瞭な声。また、そのさま。不平不満を公然とではなく漏らすさま。竹斎「―と独言を言ひけるうちに」。「―不平を並べる」


    ぶよぶよ
    ぶよ‐ぶよ
    水分などを含んで柔らかくしまりなく膨れているさま。「傷口が―する」
     
  14. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぶらぶら
    ぶら‐ぶら
     垂れ下がっているものが規則的に揺れ動くさま。「腕を―させる」
     (病気が)ぐずぐずと長びくさま。軽口露がはなし「あけくれ―わづらふものあり」
     急がずのんびり歩くさま。何となく行うさま。西鶴織留4「はじめから無用と言うたに―とかけて置て」。「―歩き」
     まとまったことや意義あることを何もせずに時を過しているさま。特に、遊侠の徒にいう。浄、夏祭浪花鑑「人のいやがる―も、年が異見で直つたか」。「家で―している」
     ―‐ごころ【ぶらぶら心】
     ―‐やまい【ぶらぶら病】ヤマヒ
     
  15. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    ぶるぶる
    ぶる‐ぶる
     モーターなどの機械類が小刻みに振動する音。また、そのさま。「エンジンが―と動き出す」
     体などが小刻みに震えるさま。「こわくて―震える」


    ふわふわ
    ふわ‐ふわフハフハ
     多量の空気を含んで押しても抵抗がないほど柔らかくふくらんでいるさま。「―した毛布」
     物が空中や水中を軽やかに漂っているさま。「綿毛が―と飛んで行く」
     行動や考えがうわついているさま。つかみどころのないさま。「―した気分で仕事をするな」
     
  16. Yue

    Yue 能ある鷹は爪を隠す

    ¡La información es buenísima! Queda fijado el mensaje.
    Muchas gracias por tu contribución, y si tienes más, ¡adelante!
     
  17. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    Gracias Yue! para mi tambien es buena practica de escritura
    Tan solo leerlo es una muy buena practica, gracias por el interes :)
    Continuo...

    ぶんぶん
    ぶん‐ぶん
     蜂などの羽の音、また凧タコ・独楽コマ・飛行機・棒などの風を切ってうなる音。
    「蚊が―いう」「バットを―振り回す」
     ( )「かなぶん」に同じ。  夏
    ぶん‐ぶん【分分】
    分相応であること。今昔物語集3「各 勢長じて、―に威勢を施し」


    ぷんぷん
    ぷん‐ぷん
     盛んに強いにおいがするさま。比喩的にも使う。「香水を―させる」「エリート意識が―におう」
     ひどく腹を立てているさま。「―怒る」
     
  18. Kaminari

    Kaminari 日本語の教師

    べたべた
    べた‐べた
     物が粘りつくさま。「飴で手が―する」
     連続して紙類を貼りつけたり、粘性のある液体を塗ったり、印などを押したりするさま。「ポスターを―貼る」
     親近感・甘え・愛情などを濃厚に示すさま。「若い男女が人前で―する」


    べつべつ
    べつ‐べつ【別別】
     わかれわかれ。ちりぢり。べちべち。太平記3「敵の時の声此彼に聞えければ、次第に―に成て」。「―に帰る」
     それぞれ。おのおの。「一人ずつ―に会う」「―の家に住む」
     

Compartir esta página