Autor Tema: 2級への文法  (Leído 5104 veces)

0 Usuarios y 1 Visitante están viendo este tema.

Desconectado

  • Moderador HJ
  • Miembro Vicioso
  • ****
  • Mensajes: 273
  • Karma: 9
  • Sexo: Masculino
    • Ver Perfil
2級への文法
« : 15/feb/2006 10:21:11 am »
こんにちはHablajaponesの皆さん。これから「三級へ」と言うこの糸(よく使ったかな?)をあけます。
いろいろな文法的な事一々に練習するつもりです。先日次の日本語能力試験2級のために必要な文法のリストを見つけました。

Vたばかり
Vようになる
Vことになる
Vことにする
とてもーない
らしい
て初めて
Vないで
Vばいいのに
なかなかーない
しかーない
わけです
によって
にあたる
のようなN
ーばーほど
以外の
というわけではない
Nばかり
なるべく
Vべき
別にーない
たしか
XはYで有名
Nにする
Nのように
さえ
いつのまにか
になれる
わけではない
Vないで済む
以上
に気がつく
せっかく
わけにはいかない
ないわけにはいかない
Vた上で
Vために
ても

によると
代わり
いったんーば
Nでいいです
とは限らない
ではないだろうか
むしろ
ようにする
始める
Preguntaても
を始め

何といっても
XはYくらいです
やっぱり
ーさえーば
はず
として
Xより仕方がない
せめて
ように
こそ
Xと言っても
ほど
XはYに限る
まま
ものですから
うちに
ないうちに
Xが気になる
どうしても
つい
に気をつける
わざわざ
Vとしたら
X、Yくらい
Vたものだ
Vたて
ろくにーない
せいか
ぐらい
に越したことはない
思うように
がち
よっぽど
に違いない
さすがに
ものの
一方では
せいぜい
それにしても
限り
かえって
NにはNのーがある
くせに
っぽい
Nに関する
XとともにY
XをYにまかせる
XたびY
ような気がする
がる
に基づく
あり得る

こちらのすべての文型を一々に日本語でもスペイン語でも説明して置いて、練習をしようと思っています。それで一つ目のは...

~たばかり

説明
 この文型はあることのすぐ後、まだあまり時間が立っていないことを表わ
します。「V-たばかりのN」の形にもなります。
Esta forma gramatical sirve para explica que ha pasado poco tiempo desde que se ha realizado la acción.  También puede adquirir la forma de [V-たばかりのN].
     今、焼いたばかりです。おいしいですよ。
     今、やっと読み終わったばかりです。 
     この分野はまだ勉強を始めたばかりですから、よくわかりません。
     洗ったばかりのシャツは気持ちがいい。
「V-たところだ」と似ているので、その違い、使い分けが問題となります。
Como se parece ha [V-たところだ], diferenciarlos puede convertirse en un problema.
     今、着いたところです。
     今、着いたばかりです。

上の二つはほとんど同じように使えるでしょう。しいて言えば、「ところ」の
ほうは、やはりいくつかの行動の流れの中で、今は「着く」ということが終わ
った時点であり、次には、、、という意味合いを感じます。「ばかり」のほう
は単に「着く」ということが終わったあと、まだあまり時間が立っていない、
というだけの意味です。含みとしては、「だからまだ(それ以外には)何もし
ていない」という意味合いがあります。
Las dos frases de arriba se usan casi igual. Si hay que diferenciarlos de alguna manera, [ところ] dentro de una secuencia de acciones, refleja que acaba de llegar, y que seguido va a hacer algo. [ばかり], por su lado, tiene simplemente el sentido de haber acabado de hacer algo. Para entenderlo mejor podemos agregarle después “Por eso todavía no estoy haciendo nada”.
そこをはっきりさせると、
Para dejar claro esto,

     今、着いたところです。これから調査に取り掛ります。
     今、着いたばかりです。まだ調査は何もしていません。

とでもなるでしょうか。
Cada una se usaría en la situación reflejada.

 「たばかり」は時間の短さを強調するのですが、物理的には長い時間でも、
気持ちのうえで短ければ使えます。
Aunque [たばかり] enfatiza la cortedad del tiempo transcurrido desde la acción, si siendo físicamente largo el tiempo lo sentimos corto se puede usar también.
  
     先月結婚したばかりなので、まだ新婚気分です。 

 その意味では、「たところ」のほうが直後と言えます。時間の短さというよ
り、「場面」が変わっていない、という意識です。外国から飛行機で成田空港
に降り、誰かに電話をかけて、
Mirando ese aspecto, [たところ] sólo se dice de inmediato. Más que el sentido de reciente, significa que la situación no ha cambiado. Si por ejemplo yendo en un avión a Japón recién no bajamos en el aeropuerto de Narita y nos llaman por teléfono,

     今、日本に着いたところです。

と言うとぴったりですが、成田から東京まで出てきてから同じように言ったら
ちょっと不適切でしょう。次の日に東京で誰かに会って言うなら、
Y decimos lo anterior es muy correcto, pero si después de ir desde Narita a Tokio usamos la frase anterior es inapropiado. Si en una situación así nos encontramos a alguien en Tokio le diremos:

     まだ、日本に着いたばかりで、何も見ていません。

となります。

疑問文にはなりますが、否定文にはなりません。
Se puede usar en preguntas, pero no en frases negativas.         

          あなたは大学を卒業したばかりですか。
        ×卒業したばかりではありません。
« Última Modificación: 15/feb/2006 10:34:25 am por 俺 »