Autor Tema: 外のクリーチャー(ホラーの話!)  (Leído 4410 veces)

0 Usuarios y 1 Visitante están viendo este tema.

Desconectado ルイス

  • Novato
  • *
  • Mensajes: 29
  • Karma: 1
  • Sexo: Masculino
  • ¡Encantado de conocerlos!
    • Ver Perfil
外のクリーチャー(ホラーの話!)
« : 13/abr/2011 05:38:34 pm »
皆さん、お元気ですか。 :) 
この間に日本語を練習するために話を書いたらいいなと思って、ホラーの話を書いております。とても変な話ですが、修正してくれませんか。


第一章:毎晩のこと

携帯を見た時、午前2時だった。また同じ音で目が覚めた。最近、何回も真夜中に部屋の外から珍しい音が聞こえる。いつも起きてみると全てが静かで、ベッドに横たわったまま変な音がまた聞こえることを待つ。そして急にもう一度音が鳴った時、素早く部屋のドアを開けて、電気をつけても何もない。
「ベッドで変な音がはっきり聞こえたのに。。。」と考えながら、ベッドに戻る。これが毎日のことになってしまって、心配になった。

住んでいる家はあまり大きくなくて、部屋が一つと、同じところにリビングと台所があって、小さな庭もある。一ヶ月前に、強い風で庭のドアがガチンと閉まって、下のガラスが割れて穴になった。最初にこの穴から猫とか、そのような動物が毎晩入ってきていると思っていたけど、毎晩音を聞いてから部屋のドアを開けても動物がいない。まったく音もない。静かで普通の台所だけある。私はお化けとか、神秘なことを信じていないけど、毎晩部屋の外に何か奇妙なことが起こっているようだ。

で、晩にカメラを使って庭のドアのビデオを撮りたいと思った。カメラは隠れる場所に置いて、何かドアから入ったら必ず見えるようになる。なぜその恐怖を感じたか、あの時私にも分からなかった。

ルイス